一級建築士教材買取

一級建築士教材買取 についてのご相談はなんでもお気軽にどうぞ。

建物を建てるときには、多くの場合建築士が設計と工事監理を行います。

建築士の仕事というと図面で設計図を書いて終わりというイメージがありますが、実際は設計だけでも基本設計と図面設計を行い、そのなかで構造設計や設備設計といった細部まで関わっています。設計が終われば、その設計通りに工事が行われているかを確認し、依頼主へ建築状況を報告することも仕事に含まれます。

日本において、建築士になるには資格試験に合格する必要があります。
建築士の資格は国家資格で、主に一級建築士、二級建築士、そして木造建築士という三種類の資格で成り立っています。二級建築士と木造建築士は都道府県知事から授与される免許であるのに対し、一級建築士は国土交通大臣から授与される免許です。
その分、一級建築士は他の資格よりも延面積が大きい建物など高度な建築を行うことができます。

一級建築士の資格試験は毎年実施されており、受験者数は25000人前後で合格率は10パーセント前後である年がほとんどです。この合格率から、難易度が高い試験であることがうかがえます。なお、試験は学科試験と製図試験の二種類が行われ、学科試験に合格しなければ製図試験に臨むことはできません。

学科試験は計画、環境・設備、法規、構造、施工という五科目で構成されています。多くの科目があるため、教材の数も多くなります。

計画では建築計画や都市計画に加え、建築積算やマネジメントなどの幅広い知識が求められます。
年によっては環境に配慮した計画に関する問題など、世間で注目されている分野から出題されることがあるので注意が必要です。

また、法規は建築基準法などの法律や法令から出題されます。条文の内容を丸暗記するだけで無く、条文が手続きや建築物に適用できるかを判断することが必要とされるため、法的な考え方を持つ思考力を鍛えておかなければならないのです。

一級建築士の勉強をする方法は、独学で勉強する方法や専門学校に通う方法があります。
独学で勉強する場合は、書店などで販売されている一級建築士教材を購入し、自宅で勉強を進める方法が一般的です。時間に縛られず自分のペースで勉強できることが最大のメリットですが、問題の解説を聞くことができないことや、モチベーションが続かないことがあるといったデメリットもあります。

その点、専門学校で勉強する方法は教材と講義がセットになっているため学校側で教材を準備してくれることに加え、同じ目標を持つ仲間と一緒に勉強ができるためモチベーションがアップするのです。

また、独学で勉強する方法と専門学校に通う方法で最も異なるのは、使用する教材です。
独学で勉強する際には市販されている教材を使って勉強しますが、市販教材は全ての受験生に向けた無難な内容になっていることがほとんどです。毎年出題されている問題には対応できますが、例外的な問題が出題されると回答できないことがあります。

一方、専門学校で使用する教材は、その専門学校が独自に分析した出題傾向に沿って編集され、さらにイレギュラーな部分にも触れています。そのため、専門学校の一級建築士教材は独学で勉強している受験生にも人気があるため、当店でも高価で一級建築士教材買取を実施しております。

一級建築士は難易度が高いものの、建築を志す人なら一度は受験する資格です。合格した場合も、不合格だった場合も、勉強に使った一級建築士教材買取は当店をはじめとした買取サービスを利用すれば受験費用などをある程度賄うことが可能です。

当店では、一級建築士教材買取を高額で実施中ですので、ご不要になられました一級建築士教材がございましたら、一度ご連絡お待ちしております。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ