中小企業診断士教材買取

中小企業診断士教材買取 でしたら、当店までおまかせください。

現在の企業経営において、小規模な会社でもコンサルタントの力を借りて経営を行うことは珍しくありません。企業が抱えている様々な問題を見つけ出すことのできる思考力や、そういった問題を解決できる能力を持つ経営コンサルタントに経営改善のためのアドバイスをもらい、より良い経営形態を目指している企業も一般的となってきました。

経営コンサルティングを行うことについて、特に必要な資格はありません。
しかし、コンサルティングを依頼する企業としては、明確な基準を必要とします。中小企業診断士は、経営コンサルティング分野における明確な基準となり得る唯一の国家資格なのです。

中小企業診断士は、国家試験を受験し合格することでその資格を得ることができます。

毎年8月に一次試験が実施され、合格者は10月に実施される筆記試験と12月に実施される口述試験からなる二次試験に挑むことになります。

中小企業診断士の一次試験は二日間にわたって行われ、一日目は経済学・経済政策と財務・会計、そして企業経営理論と運営管理という科目を受験し、二日目は経営法務と経営情報システム、そして中小企業経営・中小企業政策という科目を受験します。

一次試験に合格すれば二次試験に進みます。10月の筆記試験は事例研究による四科目が出題されます。合格することが出来れば12月の口述試験に向かい、筆記試験の事例を元に面接形式で口述の試験が行われます。こういった流れで中小企業診断士の資格を得ることができるのです。

厳しい勉強を経る中小診断士試験を受けることによって、企業経営の内情を詳しく知ることができる力や、ロジカルシンキングの考え方を持って問題解決力を向上させることが可能なのです。

中小企業診断士は毎年2万人前後の受験生が挑戦し、合格率は4パーセント前後という難関資格です。そのため、勉強方法が合否を分ける重要な要素になります。

中小企業診断士の勉強方法には、専門学校に通う方法と独学で勉強する方法があります。
専門学校では、オリジナル教材を利用しつつ試験に精通した講師が教える講義を聴くことで合格の可能性を飛躍的に高めることができる手段です。反面、多くの学費が掛かってしまうのが難点です。学費の問題を解消するためにも、試験が終了したら勉強に使った中小企業診断士教材を買取に出されてみるのはいかがでしょうか。

中小企業診断士は受験生が2万人を越えることからも分かるように、人気が高い資格です。そのため中古市場でも需要があり、当店教材買取.jpでは中小企業診断士の教材を買取させていただいております。

独学で勉強する場合は、学費を抑えることができる勉強法ですが、教材を自分で選ばなければなりません。また、そのため多くの種類の教材を自分で確認して選ぶ必要があります。

専門学校へ通う方法と独学で勉強する方法を合体させたような勉強方法もあります。それが通信教育講座の受講です。専用の中小企業診断士教材を使い、自宅でインターネットなどで指導を受けながら勉強することができるのです。この方法は専門学校へ通うよりも費用面で安く済み、独学と異なり講師の指導を受けることができるというメリットがあります。

さらに、通信教育講座で使用する講義を録画したDVDなどの映像教材は中古市場で人気が高いため、DVD等も一緒に買取に出されると講座費用の一部を回収することもできます。また、使用した中小企業診断士教材買取に出される際は、全てのテキストや問題集をセットにしていただくと買取額がアップいたします。

中小企業診断士教材買取についてでしたら、なんでもご相談ください。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ