公認会計士教材買取

公認会計士教材買取 なら教材買取.jpへ。

公認会計士とは、企業が発表する財務情報の監査を主に行う職業です。

公認会計士は監査法人に勤務し、企業の会計情報を監査することによって情報の信頼性を確保し投資家や債権者の保護を図る、経済の発展において重要な役割を担う専門職なのです。
そのため、必要とされる知識は膨大で、経理や税務だけでなくコンサルティングに関する能力も求められます。

公認会計士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。
公認会計士試験は非常に難易度が高いことで知られていて、その難しさは司法試験と同程度とも言われることがあるほどです。

受験者数は1万人を越える程度です。他の国家試験と比べて少ないですが、これは難易度が高いうえに合格基準が厳しいため、受験するレベルに達しない人が多いために受験者数が少なくなっているのです。

合格率はその難しさが周知されるにつれて万全の対策を取って受験する人が増えているため徐々に上昇してきています。数年前は6パーセントや7パーセントだったのが、現在では10パーセント前後になってきています。

合格率が上昇してきている要因は、公認会計士教材の精度が高くなってきていることが挙げられます。試験内容に即した問題集が数多く出版されるようになったため、そういった教材を活用して勉強してきた受験者が合格しているのです。

そういった質の高い公認会計士教材を、当店では買取させていただいております。

公認会計士試験は、試験範囲が非常に広いことでも有名です。
試験は短答式と論文式に分かれ、短答式では簿記や財務諸表論、会計の理論などの財務会計論科目、原価計算と会計理論を学ぶ管理会計論科目、監査制度と監査書基準その他の監査理論についての監査論、会社法や商法、金融取引法などの法令に関する企業法という科目群です。

論文式は短答式試験に合格した受験生のみが受験することができ、財務諸表論と管理会計論からなる会計学、短答式と同じく監査制度と監査基準からなる監査論と法令に関する企業法、法人税法や所得税法に加えその他の税法についての租税法、そして、経営学、経済学、民法、統計学から一科目を選択する全5科目を、マークシートでは無く記述で回答しなければならないのです。

こういった広範な試験範囲になっているため、公認会計士試験を受験する際は教材選びが重要になってきます。特に人気があるのが、専門学校が講義で使用している公認会計士教材です。

公認会計士試験は範囲が広いため、専門学校が的を絞って作成している教材で勉強することが効率の良い勉強法で、さらに重要な部分は問題の掲載数も多いため、合格のために必要な知識を重点的に学ぶことも可能なのです。専門学校の公認会計士教材にはそういったメリットがあるため、独学で勉強を続けている方の需要が高いのが特徴です。

また、市販されている教材も最新版のものを中心に独自の視点で問題が作成されているため、需要があります。専門学校の教材を使って勉強している受験生の方も、市販の教材に目を通すことがあるため、中古教材店でも市販教材の品揃えを豊富にするお店もあるのです。

公認会計士試験では短答式試験に合格したあと論文式試験を受験することになるため、必然的に短答式試験の教材の需要が高まりやすくなります。

勉強の成果を出せて短答式試験に合格できたら、思い切って短答式試験で使用した教材は買取に出されるのも良い方法かと思います。短答式と論文式では問題の回答方法が全く異なるので、論文式の回答方法を身に付けるための教材で勉強するべきなのです。

短答式試験で使用した教材は受験生の方全てが必要としています。当店では、公認会計士教材買取、及び販売が次の公認会計士を増やす手助けになると考えております。

公認会計士教材買取をご希望の方、お客様のお手元にご不要となられました公認会計士教材がございましたら、、是非教材買取.jpまでご一報くださいませ。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ