大原買取

大原買取 でしたら当社までお任せ下さい!
資格の大原は、様々な資格試験や公務員試験の合格などを目指すための学校を展開している学校法人です。

大原の全日制の専門学校では、国家公務員や地方公務員、自動車整備士や介護福祉士など試験に合格することによってその職に就くことができる職業のほか、情報処理技術を扱うシステムエンジニアやプログラマー、スポーツ関連のトレーナー、美容師やブライダル関係など技術を必要とする専門職に就職するためのコースが揃っています。

また、大原は社会人や大学生が通う専門学校としても有名です。
社会人講座や集中資格取得コースで、社会人は仕事が終わった後に、大学生は大学の講義が無い日などに通うダブルスクールで資格の取得を目指すのです。

大原の講座内容は非常に豊富で、中小企業診断士や貿易実務検定といったビジネスや経営系の資格から、医療事務や介護福祉士などの医療系、司法書士や行政書士、マンション管理士や社会保険労務士などの法律系、公認会計士や税理士、簿記検定、米国公認会計士といった会計系などの多種多様な講座があり、資格の取得を目指す社会人や学生が連日勉強に励んでいます。

そんな大原の専門的な講義で使用している教材は大原独自のものです。
それぞれの資格試験に対応した教材が揃い、内容は大原が長年にわたり蓄積してきたノウハウを駆使して過去の試験問題を徹底的に分析し、その年の出題傾向を予測した精度の高い教材なのです。

この大原教材で勉強した受験生の合格率は非常に高く、例えば税理士試験では試験全体の合格者の半数以上を大原の受験生が占めているという実績があります。
そのため、古本の市場でも大原教材の需要は非常に高く、高値の買取となる場合も多いのです。

大原のなかでも、特に人気が高いのが米国公認会計士試験の教材です。
米国公認会計士試験はアメリカにおける公認会計士の資格取得のための試験で、日本で米国会計基準を適用する企業が増えてきたことで、近年人気が高まってきている資格です。

米国公認会計士の科目は多岐にわたり、企業会計と政府の非営利組織会計についての財務会計科目、コーポレートガバナンスや経済学概論、管理会計等を学ぶ企業経営環境や経営概念科目、連邦税法や米国組織法、そして公認会計士としての職業倫理について学ぶ諸法規科目、そして監査と証明義務、会計士としての責任に関する科目である監査および諸手続科目という4科目を余すところなく勉強しなければ合格することはできません。

しかし、近年人気が高まってきたにも関わらず、こういった科目の広範さや難易度の高さからか、出版されているテキストや問題集の種類が非常に少ないのです。
そのため、試験の合格を目指すには専門学校に通う必要があるのですが、多大な学費が掛かってしまいます。

そこで受験を考えている人は中古の教材に目を向けるため、合格率の高い大原教材に需要が集まります。

米国公認会計士の他にも、大原の会計系のテキストは評価が高いものが多いです。
また、資格の種類によっては、頻繁に法改正が行われ過去のテキストや問題集といった教材が活用できなくなることがあります。その場合、買取そのものが難しくなってしまうことがあるのです。

法改正はいつ行われ、いつの試験から適用されるのか予測するのが困難なため、その年の試験が終わったらすぐに買取に出されるのがおすすめです。

資格試験の教材は、試験に合格した後は使用しないことがほとんどです。そのため、次の受験生に有効に役立ってもらうのも良い方法だと、私たちは強く思っております。

ご不要になられました大原教材をお持ちの方は、当社の教材買取.jpまでご連絡下さい。高価買取実施中です。

このページの先頭へ