日建学院教材買取

日建学院教材買取 でしたら、教材買取.jpへ。

日建学院は建築士や宅建資格を目指す方に人気のある予備校で、日建学院は主に1級建築士や2級建築士の資格を目指す人向けの講座を行っています。

日建学院は1969年に建築資料研究社という出版業を立ち上げた会社で、1976年に日建学院を開設しました。1982年には工科専門学校を開校しています。建築資料研究社は建築物の出版を数多く行ってきていて、建築工事における積算ポケットブックなどの出版物も出されていて建築関係者には馴染みの深い会社です。

2010年からは国の進める緊急人材雇用対策としての基金訓練講座を多数開校しています。
日建学院教材の特色は、これまでの長年のノウハウを基に制作され、毎年の法改正にも即対応して作られています。日建学院教材は使用する側のことがよく考えられ、見やすくて使いやすい内容になっています。

日建学院の本講義テキストは、予習用や講義用、そのまとめ、整理用として効率よく編集されています。各章にはポイントが分かりやすく記載されていて、学習の要点から学習を進めていき、学習ガイダンスは各章の学習すべき概要が一目でわかるように簡潔にまとめられています。

本編は、出題された年度が問題番号とともに明記されていますので、重要事項は確実にこの時点で抑えられるようになっています。また、問題解説集とも同じくリンクされていますので、テキストで学習した内容を試験問題で確認できるようになっています。

重要なポイントや各章の中項目などには読みやすいように2色刷りなどの工夫がなされていますので、学習効果が上がるようになっています。長年の問題のデータを分析し、解析して研究されていますので学科試験の対策としては無駄のない内容となっています。

法改正やJASSの改正に対しては、その年の1月1日現在以降までの時点まで日建学院では考慮されていますので安心できます。そういった理由から、日建学院の教材は受験勉強だけでなく実務においても十分役立つ内容になっています。

日建学院の問題解説集は過去に出題された中から厳選され、法改正があった場合にはその内容に合わせて差し替えて作られています。そして問題の正解だけでなく正解以外の事柄についても詳しく触れられていますので知識として、あるいは整理にも役立つ内容になっています。

建築基準法関係の法令集は受験者と実務者向けに出された法令集です。内容は読みやすくコンパクトでオリジナルのインデックスが付いています。

テストは講義の後に行われる実施テストや宿題用のテスト、各種の模擬試験など様々なオリジナルのテストが用いられます。

模擬試験では採点結果を分析して自分としての弱点分野がひと目で分かる個別分析表が渡されるようになっています。

このように、日建学院の教材類は出版社ならではの情報が網羅されていて人気があります。
前もってこれらの内容が知りたい場合には資料請求して内容を確認することもできます。

当社では、書き込みや折れなどのある日建学院教材買取もさせていただいておりますので、現在使用されていない日建学院教材がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。
日建学院教材買取を高額でしております。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ