社会保険労務士教材買取

社会保険労務士教材買取 についてでしたら教材買取.jpまで。

社会保険労務士とは、企業における労働や社会保険に関する法律のほか、人事や労務管理の専門知識を持つ職業です。

社会保険労務士になるためには、社会保険労務士法に基づく国家試験に合格し、社会保険労務士名簿に登録することで社会保険労務士となることができるため、まずは国家試験の合格を目指すことになります。

社会保険労務士は毎年5万人前後の方が受験する人気資格ではありますが、合格率が10パーセントを切ることも珍しくない難関資格で、科目数が非常に多いのが特徴です。
試験科目は全部で10科目あり、労働関係科目と社会保険関係科目に分かれています。

労働者を保護するために労働時間や賃金等についての最低基準を定める労働基準法、労働者の安全と衛生を確保して快適な職場環境を作るための決まりについて定めている労働安全衛生法、労働者に業務災害や通勤災害が起きた際に必要となる保険給付などについて定める労働者災害補償保険法、労働者が失業した場合の保険給付についての雇用保険法、労働保険料の納付と徴収に関する法律を学ぶ労働保険の保険料の徴収等に関する法律、労働関係法令や労働経済の動向に加え、労務管理なども範囲となる労務管理その他の労働に関する一般常識の6科目が労働関係科目です。

そして、業務外の病気やけが、死亡、出産に際し労働者とその被扶養者への給付等を定めている健康保険法、民間企業の労働者を対象にした厚生年金保険制度について定めている厚生年金保険法、全ての国民が対象となる年金制度である国民年金法、そして社会保険関係法令と社会保障制度などについての社会保険に関する一般常識という4科目が社会保険関係科目になります。

これらの膨大な知識を身に付け、社会保険労務士試験に合格するにはそれぞれの科目を専門的に扱う問題集が必要になります。そのため、一回の受験のために用意する教材は10冊を超えることが珍しくありません。

社会保険労務士試験の勉強は、基本書と呼ばれる分厚いテキストをベースに、科目ごとの教材で知識を補強する方法が一般的です。 独学で勉強をする方と、専門学校に通って勉強をする方がいますが、どちらにせよ膨大な社会保険労務士教材を解いていくのです。

晴れて試験に合格した後は、使用した教材を保管しておくのは場所をとってしまい保管が難しいことが多いです。

そういった社会保険労務士教材買取でしたら、是非当社の教材買取.jpまでご連絡ください。社会保険労務士教材を、高価買取させていただきます。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ