税理士教材買取

税理士教材買取 なら当社へおまかせください。

税理士は税金のスペシャリストで、企業や個人の納税に関わる税務書類の作成や、税金の申告や申請、請求などを納税者に代わって行ったり、さらには税務のアドバイスを行うことができる職業です。また、税金に関するコンサルティング業務を展開している税理士もいて、あらゆる企業活動において必須とされる重要な専門職です。

税理士になるには、国家試験である税理士試験に合格して2年以上の実務経験を積むか、税務署に23年以上勤務していれば資格を得ることができますが、ほとんどの方が資格試験に合格することで税理士になります。

税理士試験は他の試験と比べ形式が特徴的です。合格するためには5科目の受験が必要で、「科目合格制度」を採用しています。

科目合格制度とは、一度の受験で全ての科目に合格できなくとも、複数回の試験で5科目に合格することができれば税理士の資格が得られるという制度です。一度合格した科目は永年に渡って有効なため、1年に1科目ごと合格し、5年掛けて全ての科目に合格すると言うことも可能なのです。そのため、税理士試験の勉強で使用する税理士教材は常に需要があり、当店でも買取を行わせていただいております。

受験科目は、必須科目である企業の経済活動を記録する方法を学ぶ簿記論と、企業の決算情報を読み取るための財務諸表論に加え、個人がその年に得た所得に対する課税である所得税についての所得税法か、企業がその年に得た所得に課される法人税法の選択必須科目からどちらかを選ぶことになります。

さらに選択科目として相続税法、消費税法、事業税といった選択科目のなかから2科目を選択し計5科目を受験することになります。

税理士試験は毎年の受験者数が4万人を越えることがほとんどという人気資格でもあります。しかし、5科目を同時に合格する合格者の数は1000名前後で、1科目でも合格する人は7000名から8000名という少ない人数にとどまっています。

科目別の合格者数も1科目あたり10パーセント前後で、税理士試験の難易度の高さが見て取れる数字になっているのです。そのため、一度の受験で5科目合格を目指す人は少なく、多くの受験生が3年前後の年数を掛けて合格を目指す忍耐力が必要な試験だと言えます。

受験生が選ぶ科目には人気科目とそうでない科目があります。
必須科目である簿記論と財務諸表論は全ての受験生が勉強しますが、選択必須科目は所得税法より法人税法の人気が高く、選択科目では相続税法と消費税法を選ぶ受験生が多いのです。

この組み合わせは試験に合格した後の実務で多用する知識を学べる科目の組み合わせなのです。そのため、税理士教材も簿記論と財務諸表論、法人税法、相続税法、そして消費税法の需要が高くなっています。税理士教材買取に出される際には、こういった科目の教材を含めるとより高額で税理士教材買取をさせていただくことが可能です。

また、税理士教材は専門学校が受講生に配っている教材をそのまま出版していることが多く、発行部数は多くないものの書店で入手することが可能です。そのため、専門学校の教材だからといって高値が付くことは余りありません。

しかし、通信講座の映像教材等は市販されていないため、市場でも高値がつきやすく、当店では通信講座などの教材は特に高価買取させていただいております。

税理士試験が終わってご不要となりました教材がございましたら、是非当店教材買取.jpまでご連絡くださいませ。
税理士教材買取を高額でさせていただきます。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ