行政書士教材買取

行政書士教材買取 ならおまかせください!

行政書士とは、官公署に提出する債務債権問題に関する手続きの書類や、内容証明郵便、公正証書といった権利義務や事実証明に関する書類を作成し提出することができる法律の専門職です。

行政書士法に基づく国家資格であるため、一部の例外を除いて国家試験に合格しなければ行政書士になることはできません。

行政書士試験は毎年6万人から8万人が受験していることからもわかるように、非常に人気の高い資格です。しかし、その受験人数の多さとは対照的に2006年に新試験制度に移行してから毎年5000人前後しか合格することができず、合格率は5パーセントから9パーセント前後という難易度が高い資格なのです。

科目は法令等と一般知識等に分けられており、法令等では憲法や民法、行政法から商法や基礎法学という法律に関する知識が問われ、一般知識等では政治、経済、社会や情報通信、個人情報保護、さらには文章理解という項目で行政書士として職務を遂行するために必要なあらゆる知識が問われる構成になっています。

こういった科目の広範さに加え、2006年から移行した新試験制度では、単純な暗記力が問われる試験内容では無く法的な考え方が求められる思考型問題が多く出題されるようになったため、難易度が上昇しているのです。

そこで試験対策として有用なのが専門学校の行政書士教材です。
それぞれの専門学校で毎年の試験を徹底的に分析し、過去の試験における出題傾向や出題の範囲に加え、受験生からヒアリングを行って試験対策が難しい部分を補強して作成したオリジナル教材を使って講義を行っており、それが高い合格率を実現させているのです。

専門学校の行政書士教材は受験に関するノウハウが詰まっているため、専門学校に通っていない受験生にも人気があります。
また、新試験制度によって試験の傾向が変わったことで、市販の教材では勉強しきれないことが増えてきました。特に思考型問題では問題数そのものが少なく、実践的な経験が積めないのです。そういった問題を数多く解いておくためにも、専門学校の教材は有用なのです。

行政書士試験は難易度が高いため、合格を諦めて受験から撤退することも珍しくありません。
その場合、使用した行政書士教材は買取に出されるのがおすすめです。
本棚に残しておいてもスペースを取るだけで、なかなか見返す機会も少ないものです。
行政書士は人気が高い資格であるため、行政書士教材は状態によっては高価買取を行っております。

行政書士の試験は、基本となるテキストに加え、科目ごとの問題集と六法全書という法令集を使って勉強を行います。

科目が多いために範囲も広く、一冊の基本書では賄いきれないのです。科目別の問題集は一冊に付き一科目の収録であることが多く、さらに過去問まで数えると全ての教材を合わせて10冊以上になることが普通です。

行政書士教材買取に出される際は、使用した教材すべてをまとめてお出しいただくと、高値での行政書士教材買取につながります。

もしご不要になりました行政書士教材をお持ちでしたら、当社の教材買取.jpまでご連絡お待ちしております。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ