FP教材買取

FP教材買取 の事でしたら当社までご連絡ください。

FPはファイナンシャルプランナーの略称で、個人の資産に関する知識を持つ職業です。知識の幅は広く、不動産や相続、金融資産の運用やライフプランに関する資金計画など、あらゆるお金の知識を豊富に揃えるエキスパートだと言えるのです。

どんな方でも生活するに当たってお金は必要不可欠な要素です。
就職や結婚そして出産後の生活など、ライフステージの変わり目には資金計画の大きな変化が同時に訪れます。そういった時に資産の使い方や運用の仕方などをアドバイスすることができるのがファイナンシャルプランナーなのです。

ファイナンシャルプランナーになるには、資格の取得が必要です。
資格は複雑な仕組みとなっていて、国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能検定)」と、民間資格である「AFP」の2種類があります。

さらに、FP技能検定には3級から1級までのランクがあり、AFPの上級資格としてCFPがあります。どの資格を受験すれば良いのか迷ってしまいますが、実はこれらの資格にはある程度の互換性があるのです。

FP技能検定の2級はAFPの資格も兼ねており、同じ試験が行われます。FP技能検定2級に合格すれば、AFPの資格も得ることが可能なのです。また、CFP合格者はFP技能検定の1級を受験する際に、学科試験が免除されます。

こういった仕組みから、ファイナンシャルプランナーを目指す方はまず国家資格であるFP技能検定を受験します。

1級は受験資格として実務経験が必要になり、2級は3級の合格が受験資格になるため、まず3級を取得して2級の合格を目指すという手順が一般的になっています。

そのため、FP教材で需要が高いのは3級と2級の教材です。

FP技能検定3級の試験は学科試験と実技試験が行われます。
学科試験はマークシートによる筆記試験で、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承という試験範囲内から60問が出題され、36問以上正解すれば合格です。

一方、実技試験と聞くと実際に動作を行うことを連想してしまいがちですが、実際の試験は筆記で行われます。
事例形式で出題され、個人資産相談業務と保険顧客資産相談業務のなかから顧客の問題点を把握し、問題の解決策を検討するといった課題が提示されるので、計算機を使用して数字を提示しながら記述式で回答するのです。

3級の合格率は非常に高く、4万人以上が受験し、受験生の60パーセント以上が合格しています。

しっかり勉強すれば合格できる資格といえます。ほとんどの方が一度の受験で合格するため、合格後に使用したFP教材買取に出す場合は、受験後にすぐ売却するのがおすすめです。

他の資格では合格者が少ないために買取に出される教材の数も少ないのですが、FP技能検定は合格率が高いため教材の供給が多く、当店をはじめ中古教材を取り扱うお店では時間が経てば経つほど買取価格が下がってしまうのです。

3級に合格したら、2級を目指すのが一般的です。
2級の試験範囲は3級と同じではあるものの、全ての科目において高レベルの問題が出題されます。そのため、しっかりと対策を立てて勉強しないと合格することができないのです。

2級の合格率は35パーセント前後で、3級と比べると約半分の数字になっています。
合格するための勉強法は、過去問を繰り返し解く方法が効果的です。

FP教材買取をしていただく場合は、2級のFPのテキストと過去問をセットにして査定にお出しいただくと、通常よりも買取額をUPさせていただいております。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ