LEC買取

LEC買取 でしたら当社にお任せ下さい!
LECは様々な分野の試験を扱っており、法律系では司法・予備・法科大学院入学・司法書士・弁理士・行政書士・労務士などの試験を扱っています。

キャリア系では、ファイナンシャルプランナー・中小企業診断士・キャリアコンサルタント・ビジネスマネージャー検定などを扱っています。

公務員・就職試験対策関連では、公務員試験全般・地方上級・国家一般職・国家総合職・外務専門職・市役所・理系公務員(技術職のもの)・心理・福祉系公務員・警察官・消防官などを扱っています。

簿記・会計系では、公認会計士・税理士・日商簿記について扱っています。

福祉・医療系では、保育士・社会福祉士について扱っています。

不動産系では、宅地建物取引士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・測量士補・管理業務主任者・マンション管理士について扱っています。

ビジネス実務系では通関士を扱っています。電気・技術系では、電気工事士について扱っています。

こうしたLECの情報を挙げていくと、幅の広い分野をLECがカバーしているということも一目でわかりますが、LECはそれだけにとどまりません。LECの教材を使って勉強した方の中には、試験に一位で合格した方や、最年少合格者の方もいる様です。独学で勉強するノウハウがある程度固まっている方であれば、予備校に通わずしても、LECが取り扱う学習ツールの恩恵を得ることが可能になっています。

資格試験の対策の際には、教材が必ずと言っていいほど必要になってきます。ですが、試験を攻略し終えた後には、多くの方は、教材を捨てるか売るかなどの選択肢をとられるかと思います。LEC教材の買取をお考えの方は、LEC教材の高価買取を行っている当社にぜひともご相談ください。

資格試験は試験自体がなくならない限り、毎年必ず受験者がいるため、毎年必ず一定の需要があります。試験の種類によっては、難関であったり、科目数が多かったりなどして、充実した解説が必要になったり、大量の教材が必要になったりします。

お金が十分にある場合は予備校を利用するなどして勉強に集中するだけで全く問題がないのですが、お金に余裕がない方の場合、LEC教材等を購入して独学で試験に臨むという方法も存在します。そうした方からの需要があるため、LEC教材を高価買取させていただくことが可能なのです。

試験が終わってしまってLEC教材をただで捨ててしまうよりも、いくらかお金が戻ってきて、その上で誰かの役に立つというのはとても良いことだと私たちは考えています。

独学だと不安だという人もいるかもしれませんが、予備校で使われる教材は、授業の際に必ずと言っていいほど書き込みがなされます。これは、長年指導にあたっている予備校講師が、必要だと思った情報を板書して、それを受講生がテキストなどに書き写すという行動の結果できたものであるので、一読するとすぐにわかるようになっている場合が多いのです。
そのため、こうした中古の教材をうまく活かしながら勉強をしていくと、合格に近づきやすいという隠れたメリットもあるのです。

ただ、LEC教材の買取依頼を行う際には気を付けておくべきことがあります。それは、あまり古い年度のテキストですと買取時の価格が低いか、買取できない場合があるということです。
これは、法律が絡んだ問題が出てくる科目などは、法改正がなされてしまうと同じ問題が出たとしても、解答が大きく変わってしまう場合があるためです。そのため、買取依頼を行った場合には、テキストが不要になったらすぐに売却を検討されることをおすすめ致します。

現在使用されていないLEC教材がございましたら、是非当社までお気軽にお問い合わせくださいませ。

このページの先頭へ